オリンピックについて

オリンピックの開催経費を見直す4者協議が行われました。

現計画の整備費と比べ、ボートカヌーは、163億円の減額、水泳は、170億円の減額になります。

バレーは、来月に決めるとのことですが、既に333億円とバレー会場の建設費用に近い額を捻出しました。

小池知事になったからこそできたのだと思います。

3会場の見直しは、オリンピックのほんの一部でしかありません。

今後も都民、国民に共感を持たれるオリンピックになることを期待しています。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.